/*ふぉんとあうさむのやつ*/

【初心者でも作れる】マカロン 基本ver.

レシピ【お菓子】お菓子, マカロン

 

 

材料

 

    ※だいたい12個分くらい

     

    材料【本体】

  • アーモンドプードル 30g ※アーモンドパウダーのこと
  • 卵白 30g ※卵1個分
  • 粉糖 40g
  • 砂糖 25g ※キビ砂糖使用
  •  

    材料【ガナッシュ】

  • バター 25g
  • 卵黄 1個分
  • はちみつ 大さじ1

 

作り方【マカロン本体】

 

①アーモンドプードル、粉糖を合わせてふるっておく。
②卵白を泡立て、メレンゲを作る。

  •   水や卵黄が入らないよう注意。泡立ちにくくなる。 
  •   卵白だけで泡立てて、泡立ってきたら砂糖を2~3回に分けて加える。 
  •   しっかりと固めのメレンゲにする。ツノがたつくらい。 

③メレンゲのボウルに、①の粉類を3~4回に分けて加える。

  •   メレンゲを潰さないように、さっくりとゴムベラで、均等に混ぜる。 

④粉類とメレンゲが均一に混ざったら、マカロナージュしていく。
※マカロナージュ・・・生地とメレンゲの泡を潰しながら混ぜ合わせ、生地の硬さを調整していく作業。

  •   ゴムベラで生地をボウルの側面にそっと押し付けるようにして、泡を潰していく。 
  •   ボウルを回しながらまんべんなく。 
  •   マカロナージュをしているうちに、生地にツヤが出てくる。 
  •   生地をすくって落としたときに、リボン状にタラ~っとゆっくり落ちるくらい。 
  •   落ちた生地の跡がゆっくり20秒くらいかけて消えるくらいの硬さ。 
  •   サラサラとした生地はマカロナージュのやりすぎ。もうちょっとしたほうがいいかな?というところで止めたほうが丁度いい。 

⑤オーブンを100度に予熱し、100度まで上がったらストップして電源を切っておく。
⑥口径5~10mmほどの絞り袋に生地を入れる。

  •   ココから絞り出すまでの作業は手早く。生地を潰さないようにやさしくそーっと 

⑦鉄板にクッキングシートを敷き、3cmほどの円になるように絞り出す。

  •   円が難しいときは、円を書いた紙をクッキングシートの下に敷くとうまくできるかも。 

 
だけど結局書いた円は無視しちゃうよ

⑧生地を乾燥させる。100度に予熱して電源を切っておいたオーブンに3分入れる。
※加熱はしちゃダメ。オーブンは必ずOFFに

  •   常温でも乾燥できるが、気温や湿度によってすごくすごく時間がかかる。 
  •   乾燥させた状態のオーブンにいれておくことで、生地の乾燥が早く簡単にできる 

⑨3分経ったらオーブンから取り出し、生地の表面を指で軽く触ってみる。

  •   表面をそっと触って、指に生地がくっついてこなければOK。 
  •   生地がくっつくようであれば乾燥の時間をもう少し長くする。 
  •   生地表面の乾燥をしっかりさせないと、失敗するのでココは飛ばしたらダメ 

⑩オーブンを160度に熱する。
⑪素早く鉄板をオーブンの中に入れ、5~6分焼く。

  •   最初に高温で焼くことでピエ(マカロンのフリフリジリジリした底の部分)が出てくる。 


見えない

⑫底面からピエが出てきたらオーブンの温度を130度に落として、10~12分ほど焼く。

  •   扉を開けてパタパタさせたりして温度を逃がして130度まで落とす。 

⑬焼きあがったら鉄板のまま冷ます。

  •   冷めるまでは生地が柔らかかったり、温度変化で縮んだりするので触らず鉄板のまま放置する。 

 

作り方【ガナッシュ】

 

①バターを常温に戻しておく。
②卵黄をミキサーで白っぽくなるまで泡立てる。

③はちみつを加え、もったりするまで更によく混ぜる。
④常温に戻したバターを少しずつ加えながら、なめらかになるまで混ぜる。
⑤口径5~10mmの絞り袋にいれておく。

 

作り方【組み立て】

 

①冷めたマカロンをクッキングシートからそっとはがし、底面にガナッシュを絞り出す。

  •   途中でガナッシュやわらかくなりすぎたときは冷蔵庫や冷凍庫で少し冷やして作業しやすい硬さにする。 

②同じ大きさのマカロンを重ねて完成。